スポンサーリンク

グレート・ギャツビー The Great Gatsby (ラダーシリーズ Level 4) 2016年36冊目

グレート・ギャツビー The Great Gatsby (ラダーシリーズ Level 4) ★☆☆☆☆


1920年代アメリカ。富裕階級が集うニューヨーク郊外で、華々しい生活を送る男・ギャツビー。かつての恋人との再会を果たし、その財力によって失われた過去の時間と愛を取り戻そうとするが……。ジャズ・エイジの輝きと虚しさを描いた、アメリカ文学を代表するフィッツジェラルドの不朽の名作。

かつての恋人が忘れられずに探すギャツビー。


違う見方をすると強烈なストーカーだ。
かつての彼女にまとわりつき彼女と彼女の夫との結婚生活をめちゃくちゃにしようとする。


使用されている単語自体は簡単だが、訳が取れない文が今まで読んだラダーシリーズの中で一番あった。


特に必要もない人名・地名の固有名詞が多すぎてとても読みづらい。

また、ラダーシリーズということで削除されてしまったせいかよく理解出来な箇所が多かった。

なんでプールにマットレス(ベッドの?)を運んでいたんだ?1人で運べるようなものじゃないのでは?
キレイなシャツを見てなんでDaisyは泣いたのか?
罪を被ったギャツビーに対してDaisyは自己嫌悪に陥らなかったのか?


読む速度は121wpmだった。

p.54

Tom Buchanan of Chicago

やたらに人名と地名を絡める意味はなんだろうか?

出身地がとても重要な時代だったのだろうか?



p.62

The flowers were unnecessary, for at two o'clock a greenhouse arrived from Gatsby's

ギャツビーの温室から届いた花は温室には不必要だった?
ギャッビーの温室から届いた温室にはその花は不必要だった?
全然意味が取れない


p.71

It makes sad because I've never seen such - such beautiful shirts before.

なんだこれ。
なぜシャツを見て泣ける?


やさしい英語で書かれた、多読に最適なラダーシリーズ Level 4(使用語彙 2000語)

The Great Gatsby (F. Scott Fitzgerald)
【総単語数 21,920語】

1920年代アメリカ。富裕階級が集うニューヨーク郊外で、華々しい生活を送る男・ギャツビー。かつての恋人との再会を果たし、その財力によって失われた過去の時間と愛を取り戻そうとするが……。ジャズ・エイジの輝きと虚しさを描いた、アメリカ文学を代表するフィッツジェラルドの不朽の名作。

2012年2月、ラダーシリーズ『グレート・ギャツビー[新版]』(ISBN: 9784794601285) が出版されました。