スポンサーリンク

movie

デビルズ・ノット

デビルズ・ノット ★★★★★ 実際の事件ウェスト・メンフィス3 - Wikipediaを元にした映画。 ところどこに出てくる宗教が印象的だった。 車のトランクに貼られたステッカー。 洗礼を受けるシーン。 悪魔崇拝者を罵るシーン。 狂信者は他者を理由なく排除しようと…

凶悪

凶悪 ★★★★★ これは実際の事件を元にした映画だ。上申書殺人事件 - Wikipedia 人を傷つけ殺すことになんの罪悪感を持たない2人。こんな人が息をしている同じ世界に自分は生きているのか…。怖すぎる。 そして、何人も金のために殺しておいて元暴力団は懲役2…

ザ・バッグマン 闇を運ぶ男

ザ・バッグマン 闇を運ぶ男 ★★☆☆☆ 鞄を運べ。絶対に中を見るな。そう雇い主に言われ受け渡し場所のモーテルの13号室に行くと、なぜか鞄を狙った奴らがやってくる。多分奴らも同じように雇い主に「鞄をとってこい。そしたら金をやる。」とでも言われ雇われ…

ザ・コール 緊急通報指令室

ザ・コール 緊急通報指令室 ★★★★★ 「It's already done.」車のトランクに入れられた誘拐被害女性からの911コール。 コールを受けた主人公が緊急指令室からなんとか彼女を助けようとするサスペンス。 とてもハラハラ・ドキドキするサスペンスだった!最初…

サイレンス 原題「Hush」

聾唖の女性が1人で異常者と戦うサスペンス。 英語字幕で観たので完全理解はできなかったが結構ハラハラした。 圧倒的に不利な状況だが、視覚情報と触覚情報で戦うのだから。 もっと犯人に狂気が見られればよかったかな。マスクは外さなかったほうが異様なモ…

ソロモンの偽証 事件/裁判

ソロモンの偽証 事件/裁判 ★★★★☆ 子どもたちの演技がとても良い! なかでも松子(ぽっちゃりした子)の演技はピカ一。 雨の中を泣きながら走るシーン、健気に樹里にまとわりつくシーン。 不良3人が樹里と松子をいじめるシーン。 女の子にお構い無く殴る蹴る…

悪魔のようなあいつ

悪魔のようなあいつ ★★★★★ 3億円事件をモチーフにした昔のドラマ。 退廃的でアンニュイな雰囲気が主題歌の「時の過ぎよくままに」にマッチしている。主人公の可門良(沢田研二)はあがくんだけれども、どんどん周りの人間がまとわり付き沈んでいく。やっぱ…

チーム・バチスタの栄光

チーム・バチスタの栄光 ★★★☆☆ 救急病棟24時のような医療ドラマかと思ったら、医療ミスを暴くドラマだった。 医療ミスを暴く?助けることのできる患者からこのチームを奪うのか ↓ 説得 ↓ 分かった。俺たちも原因を知りたい ↓ プライド、保身のために事実を隠…

結婚できない男

結婚できない男 ★★★★★偏屈男を阿部寛が演じる。 知らずに言葉で人を傷つけてしまう主人公を誰も好きにならないでしょうと思っていたら… ストーカーから国仲涼子を守ったり、KENを必死で探したことが心に響いたんだろうか。 7話。夏バテで診察に来た桑野。早…

アットホーム・ダッド

アットホーム・ダッド ★★★★★ netflixで「アットホーム・ダッド」を見た。 阿部寛がはまり役! 「男子厨房に入らず」という古いタイプの男の変化がコミカルに上手く描かれている! 2004年4月~6月まで毎週火曜日、夜10時よりフジテレビ系列にて放送。阿部寛と…

白い春

白い春 ★★★★★ netflixで見た「白い春」。 素晴らしい親子愛だった! 阿部寛は不器用でクセのある男の役が本当にはまる!出会いは偶然なのか? DNAが引き合うのか? サチは佐倉春男(阿部寛)か妹(白石美帆)が親権持つんじゃない? 阿部寛は刑務所だから、…

真夏の方程式

真夏の方程式 ★★☆☆☆ 自分(?)の子供を守るために殺人を犯し、その犯行に別の子供を巻き込むというかなり自分勝手な行動に憤りを感じた。 結局二人の子供が罪を背負って生きていくことになってしまった。科学的なアプローチも薄くいまいちな内容だった。 日…

アンフェア the movie

アンフェア the movie ★★☆☆☆ 普段は母親らしい行動をないがしろにするが、娘に危機が迫った時だけ母親づらする。 そして裏切りに次ぐ裏切り。 話の脚色が安っぽい。 大ヒットTVドラマの映画化。 the movieにして最高傑作!! 雪平夏見、最後の事件! 好感度 No.…

図書館戦争

図書館戦争 ★★☆☆☆ 岡田准一の演技は素晴らしい。 SP 革命篇の時から変わらずアクションが特に素晴らしかった。 あのスピードとキレは日本映画では見たこと無いかもしれない。もっとアクション映画に出て欲しい俳優だ。 それに対して榮倉奈々の緊張感のない演…

釣りバカ日誌4

釣りバカ日誌4 ★★★★★ このシリーズは安定して面白い! 内容紹介 『釣りバカ日誌』公開25周年ご愛顧感謝! シリーズ全作をお求めやすい価格、各1,800円(税抜)で! ◆1988年12月24日に第1作が公開された『釣りバカ日誌』シリーズは今年で25周年! ◆シリーズ全22作(…

クローズEXPLODE

クローズEXPLODE ★★☆☆☆ ギャグシーンは少なく、青春恋愛はゼロ。 登場人物が多くごちゃごちゃしている上に、藤原以外のキャラクターが薄くわかりづらくしている。 とても暗い暴力だけの内容だった。 主人公、鏑木旋風雄(東出昌大)のキャラクターは暗くパッ…

MW-ムウ-

MW-ムウ- ★★☆☆☆ 同じ過去と秘密を持つ二人。 守るものを持った者は恨みから開放され、守るものを持たなかった者は恨みに縛られるといった感じか。 玉木宏は美しかった。男なのに美しかった。 彼のファンなら見るべきだ。 しかし映画はひどい。石橋凌は痩せる…

クローズZERO

クローズZERO ★★★★☆ 喧嘩して仲良くなるという不良映画。アクションが素晴らしい。寸止めがなく振り切っている それでいてちょっとしたギャグも有りとても楽しめた。 もうちょっとぎこちない青春恋愛があったらもっと好みだけれども。 他に良かった点はロッ…

白夜行

白夜行 ★★★☆☆ 生まれた環境によって運命は決められてしまうのだろうか。抗うことは出来ないのだろうか。 脚本が今ひとつだと感じた。 密室殺人となっているけど、普通ダクトは調べるものでしょう。 すぐに密室ではないと分かりそうなものだ。それからドラム…

麒麟の翼~劇場版・新参者

麒麟の翼~劇場版・新参者 ★★★☆☆ 親と息子、犯罪、お金、企業による隠蔽。 目を背けず、立ち向かうこと。 そうしないと事態はさらに悪い方へと転がる。 自分だけではなく、周りも巻き込んで。 息子は殺人を犯していながら、父親に責任を押し付ける企業幹部を…

アシュラ

アシュラ ★★★★☆ 理性を捨てて悲しみ苦しみから開放された獣になるか、悲しみ苦しみとともに人間のままでいるか。大好きな若狭は極限状態でも理性を保ち餓死した。 今まで極限状態では人間を食べていたアシュラは、その悲しみ苦しみを胸に涙を流すようになっ…

AKIRA

AKIRA ★★★★☆ 前に観たときは超能力者同士の戦いぐらいにしか受け取っていなかったが、久しぶりに観たAKIRAは奥が深かった。・世の中に漂う厭世感、政府への不満が満ち溢れる社会。この空気感がよく出ている。・なにかと心配するカネダにテツオは反抗するが、…

ハングリー・ラビット

ハングリー・ラビット ★★★★☆ ウィルは妻を強姦した犯人を私的に裁きたくて組織を利用してしまう。 目的は達成できたが、案の定ウィルは組織に利用されていく。2つほど組織の犯罪の片棒を担いだ後、ウィルは弱みを握っている組織に立ち向かっていく。自分な…

鉄道員(ぽっぽや)

鉄道員(ぽっぽや) ★★☆☆☆ 役者の演技は素晴らしかったけど…。 内容は辛気くさくて自分には肌に合わなかった。なんで家族より仕事を選ぶのか?それじゃあ、会社に都合の良い人間じゃないか。そろそろ我慢すること、会社に奉仕すること、仕事に過度のプライドと…

ゴールデンスランバー

ゴールデンスランバー ★★★☆☆ サスペンス映画だと思ってたが、「ぼくらの七日間戦争」のような反体制運動の青春映画だった。 。 すごく漫画的で、時々社会風刺。街中に監視カメラ、携帯で写真、動画を撮られてしまう監視社会の異常さ、父親のコメントを誘導す…

八日目の蝉

八日目の蝉 ★★★★☆原作が素晴らしかったので、映画を観ることにした。原作の感想はこちら 八日目の蝉 - How Many Books Do You Have? 原作にはなかった(と思う)写真館の件はとても良かったと思う。 良い終わり方だった。 また必要ないと思っていたエンジェ…

雨の町

雨の町 ★☆☆☆☆主人公はオダギリジョーだと思っていたら和田聰宏という方だった。 すごく似てる。残念ながら静かに淡々と物語が進み、物足りない内容だった。 TVドラマで良かったのでは。 出演: 和田聰宏, 真木よう子, 成海璃子, 武重勉, 光石研 監督: 田中誠 …

探偵はBARにいる

探偵はBARにいる ★★★☆☆ ハードボイルドということだが、大泉にはその役は無理だったようだ。 渋さが無くコミカルな感じだけが出ている。 昔は「刑事貴族」、「あぶない刑事」、「探偵物語」等があった。 どれもコミカルだがハードボイルドだ。 今はハードボ…

イキガミ

イキガミ ★★★☆☆ ギターを持ってTVで歌う田辺翼の演技が良かった。 しかしその上を行ったのが、さくらに角膜を提供する兄貴の演技。 「俺お前に嘘をついてたわ。おれ、大してイケメンじゃないんだ、悪かったな。」 ここの演技は本当に良かった。 ネタばらし…

西の魔女が死んだ

西の魔女が死んだ★☆☆☆☆ 真綿でくるまれたようなおばあちゃんとまいの会話がこそばゆい。 女性なら受け容れられるんだろうけど、自分にはとてもとても。キム兄はいかつく気むずかしい感じのゲンジ役だったが、声が高いので台無しだった。 また、そんなケンジ…